レンタルサーバと自社サーバーの違いとは?

レンタルサーバーとは

レンタルサーバーは、サーバーを貸し出してくれるサービスのことをいいます。例えば、インターネット上でホームページなどを公開する際の、設置場所や常時起動するためのサーバー機能を貸し出してくれることです。

自社サーバーとは

自社サーバーは、インターネット上でホームページの公開や、Eメールの送受信をするためのサーバー機能を自社で構築することをいいます。サーバーを持つためのセキュリティやいろいろな配慮を、自社でする必要があります。

サーバーはレンタルが便利

自社でサーバーを運営することは、セキュリティ対策や、切断しないインターネット回線の準備や、サーバーのハードウェアやソフトウェアの準備をしなければいけません。レンタルサーバーは、すべて業者が準備してくれるため便利なのです。

選ばれているサーバータイプランキング

パソコンを操作する人
no.1

法人向け

法人のほとんどがネットワークを必要とし、ホームページも公開しているところが多いと言えるでしょう。そのため法人で利用するということが多く、また法人向けだとセキュリティ強化がされており稼働率も高いので安心して利用することができます。

no.2

初心者向け

サポート体制が充実している他にも管理画面がわかりやすくなっているため、知識がない人でも気軽に利用することができます。また、初めて利用する場合は24時間365日サポートが受けられるか確認しておくと良いでしょう。

no.3

コスト重視する方向け

コストを重視する場合、プラン内容を確認しておくと良いでしょう。レンタルサーバー会社によってプラン内容が異なりますが、自身に不要な機能を省くことによってより安い料金で利用することが可能です。

[PR]
無料パソコンを多数販売中
手頃な価格でネット環境を整えよう

準備や管理が楽に行なえるレンタルサーバーの魅力

パソコン

レンタルサーバーの特徴

レンタルサーバーには、1ヵ月数百円の安価で利用できるところから、高性能でさまざまな機能を搭載した大型サイトや複数のサイト用のものまで、会社によって違いがあります。また、レンタルサーバーには、データのバックアップするための役割もあります。さらに、会社によっては、多彩なサブドメインをそろえているところもあるのです。

男女

レンタルサーバーを使用するメリット

自社サーバーでは、設置費用や設置スペース、他にも設置に関するいろいろな配慮を考えなくてはいけません。しかし、レンタルサーバーではすべて業者が行ってくれるため、手間や費用の削減ができるところがメリットです。さらに、データのバックアップの体制が充実しているため、データが無くなってしまうことがほとんどないのです。

契約前にまずはレンタルサーバーについて学ぼう!

レンタルサーバーには、共有サーバーやレンタル専用サーバーなどがあります。共有サーバーは費用が安いですが、1つのWEBサーバーを複数のユーザーが共有しているため、メモリなどが制限されています。一方、専用サーバーは、1人のユーザーが1台の物理サーバーを占有できるため、費用はかかりますがハイスペックです。